「オーディション」と「お引越し」

こんなに育ちました〜!ちなみにこれはレタスです。

すくすく育つのはうれしいけど、ちょっと狭そう。
後の管理はどうしよう?

調べてみよう。

発芽後は日光に当てて土の表面がしっかり乾いてからお水をあげる

種まきの直後は半日陰でジメジメ状態をキープでしたが、今度はメリハリが大切みたいです。

本葉が増えたら根がのびのびと育つように「間引き」と「移植」を行う

 

‥間引き‥

発芽後は「間引き」を行います。
1つの穴に種を何粒かまいているので育ちの良いものだけを残して、悪いものは引っこ抜いてさよならします。

葉っぱのオーディション。

選考基準は・・・

・葉がきれい(変色、変形していない)
・茎がしっかりしている(徒長せずひょろひょろしていない)

せっかく発芽したのに抜くのはちょっと寂しいけど強くて美味しい野菜のために。弱そうなものは脱落していきました。
ベビーリーフは美味しそうだったので引っこ抜いてそのままパクパク。

‥移植‥

種まき用のセルトレイでは根が窮屈になり育ちにくくなります。
そこでひとまわり大きいビニールポットに移植します。養分の入った野菜用の土を用意して、そのままポコッとお引越し。その後は日当たりのよいところで育てます。本葉が5~6枚になれば畑に定植できるみたいです。

新しいお家はどうかな?

 

二十日大根は昨日で二十日経ちましたがまだ収穫できなさそう。

しわしわいこか。

 

naomi

naomi
徳島県海部郡海陽町出身。三兄弟の末っ子。左利き。前職はお花屋さん。開拓団ではグランピングと畑担当。植物、動物、人間生き物全般が好き。好奇心旺盛の飽き性。趣味はミッフィー。今年は野菜作りを頑張ります。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です