草刈りシーズン到来

緑に包まれた山、
キラキラと輝く水田、
歴史を感じさせる石垣の上に建つ古民家、
田舎の風景は都会で暮らす人々の心を癒します。
こんな世界で暮らしたいなぁ、
僕もそんな憧れを抱いて上勝町に移住しました。

でも、都会から来る人にちょっと心に留めてもらいたいことがあります。
田舎のこの美しい風景は、自然にそうなっているのではないということ。
そこで暮らす人々が、汗を流しながら守っているということ。

その典型的なことが草刈りです。

上勝開拓団のある庵ノ谷の古民家は借家です。
その賃貸契約書にはこんなことが書かれてあります。

「年に2回、敷地の草刈りをすること」

草刈りをしないとどうなるか?
1年で普通には歩けないような状態になります。
虫や蛇が住処をつくります。
かずらという蔓草が伸びて、
屋敷を飲み込み、
3年もすると人は住めない状態になります。

田舎で増えている空き家。
寂れてはいるが、立ち入れないほどの状態でない家は、
家主がたまに帰ってきて、草刈りだけはやっているからです。
年2回の草刈りはそんな状態を維持するための最低限の作業です。

美しい風景の中にある古民家は、
おそらく年5、6回は草刈りをしていると思います。
真夏の炎天下の中、汗だくになって草刈りをしているんです。

今年は雨が多く、
草の伸びはいつもより旺盛な気がします。
開拓団の敷地も既に1回草刈りしました。

美しい里山の風景を守るため、
これからは草刈りのシーズンです。
家の周りだけではありません。
集落の中の道は住民たちが「出役(でやく)」というボランティアで管理しています。
上勝町では年1回、町民総出で行う県道の草刈りもあります。

田舎を旅して
美しい風景に出会った時、
その風景を守るために汗を流している人々のことを
ちょっと想像してみてください。
今年も草刈り頑張ります!

上勝開拓団創業1年目の動画です。

この時は母屋の周りは荒れ果てていました。
草を刈り続けて6年、
渓流の見えるBBQ場“Riverside Kitchen”が出来上がりました。

これからのシーズン、家族や気の合う仲間でプライベートBBQはいかがですか?

けいちゃん
兵庫県神戸市出身。大学から東京へ。テレビ番組製作会社のディレクターとしてドキュメンタリーやドラマのディレクターを務める。2012年、番組の取材で出会った上勝町に移住。2014年、株式会社 上勝開拓団を立ち上げ、映像制作、イベント運営、バー、グランピングなどの経営を行っている。趣味は美味しいものを食べながらお酒を飲むこと。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です